株式会社アドリンク

WORKS

【年賀状】私たちが実現したいもの

こんにちは、アドリンクです。
今年の年賀状を紹介するのに、もう春になってしまいました。
(今、すでに3月・・・)

当社の年賀状、ご存じの方も多くなってきましたが、
例年、「めくれる年賀状」(圧着ハガキ)をお送りしています。

今年は年賀状の中面(めくった内側の面)に
「アドリンク」が「アドリンククリエイティブエージェンシー」に
社名変更をした理由を書きました。

なーんだ!(笑)と思われた方も多いと思います。
が、実はもうひとつ、別の理由があるんです。

私たちは広告代理店です。
昨今、一般の方が自分で広告を作るのが簡単になってきました。

チラシを作ろうと思えば安いネット印刷があります。
スマホで撮った動画をアプリで編集すればYouTubeで公開もできます。
ロゴやデザインも、クラウドワークスやランサーズのようなサイトで委託も簡単です。
敢えて言うなら、テレビ局に入れるCMの制作や入稿などが広告代理店でないと難しいくらいでしょう。

では、私たちは、役割をもう終えたのか?という疑問。

確かに、お客様の中に「答え」があれば、私たちにご依頼いただく必要はありません。

チラシを作る。動画を作る。ロゴを作る。
以前に比べて、ぐっと安く簡単に実現可能になりました。しかも、自前で。

でも、これが本当にお客様の求めている「答え」なのでしょうか?

私たちはクリエイティブの力をつかって、お客様が本当に実現したいことをお手伝いしています。
小手先のPRや広告出稿ではなく、
ブランディングを実現し、

本当に欲しいお客様を開拓し、
ロイヤルカスタマーに育てていくお手伝いをしています。


ですから
「CMを出したい」
「●●に広告を出したい」
というご依頼は歓迎しつつも、

その商品(サービス)がどんなライフスタイルを実現できるのか?
購入するお客様にどんなメリットを与えられるのか?
それによって、どんな経営課題を解決したいのか?

詳しくお話を聞かせていただきたいと思います。
そうすることで、答えだと思っていた「チラシ」や「YouTube」が
実は選択肢の一つに過ぎなかったことや、もっと別の解決方法があることを
私たちも一緒に考えられると信じています。

そして、
今までも、これからも、私たちはそういうスタンスです。

私たちの仕事の中心には クリエイティブ があります。
社名には、こんな思いもあることをちょっと長めに語らせていただきました。