株式会社アドリンク

WORKS

WEBサイトはビジュアルにこだわろう

一般消費者を対象としたビジネスをする方にとって、ホームページは重要な広告・広報のツールとなります。

消費者は、取引前にホームページを見て、信頼できる業者かどうか確認します。
このとき、ホームページが「胡散臭い」「何をやっているか分からない」「所在地がどこか分からない」となると、安心して取引することが出来ません。

つまり、お客様には安心して取引できることを、ホームページで伝えることが求められます。
基本的な企業情報が分かりやすく配置されていることはもちろんのこと。
どんな商売なのか、どんな料金体系なのか、支払方法はどのようになっているのかなど、分かりやすく記載します。

サイトのビジュアルも消費者にとっては重要な情報になります。
街の中で見るお店の印象は外からの店構えや雰囲気で決めつけてしまいがち。
ホームページのデザインは「店構え」として、ユーザーが入りやすく、気軽に見て廻れるよう、分かりやすく整理されていることが求められるのです。

入りやすい雰囲気のお店って、ありますよね。
ホームページも同じなんです。
入りやすく、買いやすい。気軽に質問しやすい。
一般消費者を顧客とするBtoCビジネスではビジュアルや使いやすさには、徹底してこだわるべきでしょう。

<ふるほん三ツ矢>