株式会社アドリンク

WORKS

広報としての役割をもつホームページ

企業同士の取引がビジネスである場合、ホームページを閲覧するのは取引先の会社であり、担当者です。

担当者は訪問前にホームページを見て、その会社について調べます。
アクセスや営業時間は当然のこと、事業規模や主力商品や得意分野など、取引前に知っておきたい情報です。
また、その企業の方針や社長の考えは自社の方針に添うものであるか、長期的な取引を見込むなら当然確認されるでしょう。

つまり、BtoBビジネスにおけるホームページの中心的役割は、企業としての広報です。
企業としての特徴を誠実に表すホームページなら、安心して取引を進めることが出来ます。
広報はビジネスの健全な存続のためにも重要な役割を果たすのです。

けれども、BtoB系の中小企業では広報がおろそかになりがちです。
広報の専任担当者を置く余裕がないことも多く、経営者自らが動かざるをえないこともあります。

「時間は取れないがホームページのことはずっと気になっている」

そんな方には、数回のヒアリングからホームページの設計、原稿制作までのすべてを任せる方法もあります。
元の資料や原稿が十分に揃っていれば、WEBデザイナーに直接発注するのが安く仕上がる方法ですが、広報に力を入れるなら、ホームページの情報を整理したり、最新の情報に書き直すことも時には必要なことです。

企業イメージに合うデザイン提案など広報のためのホームページとして、一度検証、整理してみませんか。良いホームページなら人材採用の場面でも、一役買うはずです。

<ヨシダコート>