株式会社アドリンク

WORKS

ただ出すだけでは失敗する メディア広告の上手な使い方

これを読んでくださっている方に、メディア広告の上手な使い方をお教えしましょう。

メディア広告とはテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、フリーペーパーなど、一度に大勢の人に見てもらえる広告を指します。
ここでは、当社が多く取り扱っていて、効果につなげることも得意な「フリーペーパー」広告について説明してみます。

各種フリーペーパーがありますが、選ぶ基準があります。
それは、属性がぴったり合っているものを選ぶことです。
当たり前のことですが、「安かったから」「勧められたから」と安易に手を出すことも多いのが特徴です。
しかし、本当に重要なことは

 ① 属性の合うフリーペーパーを選び
 ② ターゲット読者に響く企画で注意を引き
 ③ しかも効果に見合う料金設定になっていること

残念ながら、①のフリーペーパーの種類は数限りなく、③の料金設定は販売する側の裁量次第で自由度が高いため、この時点で迷わされることが多いのが現状です。
ただ、②に注視すれば、①と③の問題は自然と解決していくものです。

広告企画とは、語弊を恐れずに言うなら「エビで鯛を吊り上げる」計画を立てるようなもの。
エビ=小さなコスト はかかりますが、鯛=目標売上・利益 が得られるように、クライアント側の事情や社会状況を勘案しながら考えていきます。実は、この企画力が広告屋の実力の見せ所なのです。

例えば、スポーツクラブに入会してもらうキャンペーンとして、ダイエット企画を立ち上げたことがあります。
ダイエットしたい人に参加してもらい、目標到達すれば嬉しいプレゼントが待っているという企画です。これには予想を超えて200名以上の方が参加表明しました。クラブ継続率も良く、大成功の企画でした。

媒体読者の属性、読者層の抱えている悩みが企画内容に一致すれば、高い効果を出すことができます。
当社では、企画の立ち上げから実施、運営までの全般のサポートを行い、結果の出る広告のお手伝いをしています。